2007年8月13日月曜日

■錦川 ■錦帯橋 ■人間界と自然界との境界領域

■母なる川、錦川
■天下の名橋、錦帯橋を誕生させた川、錦川
■岩国の錦川は日常は大変穏やかで美しい川である。
■この夏、この川は4人の命を奪った。
■詳しい事情は分からないが、一瞬の油断が悲劇を生んだものと推測する。
■心よりご冥福をお祈りするしだいである。
■自然と人間がどのように共生しいてゆくかまた考えてみる機会にしたい。
■私も少年時代錦川で泳いだ経験を持つ。
■近所にある支流の小さなせせらぎのかわいらしさ、
■それを集める本流の雄雄しさ、
■時にそれを大川とも呼んだ。
■大川で泳ぐときの緊張感は今でも覚えている。
■人間界と自然界との境界領域である、岸辺に立つとき、
■人間は一つのことに気づかなければならない。
■そこが非日常的な危険地帯であることを・・・。
■そういう意味では、プールサイドも同様である。
 
      ■1mcc.com     テスリックス
 

0 件のコメント: